14年間の経験から判明した最も反応率の高いマーケティング戦略とは?

成功者からの教え

14年間の経験から判明した最も反応率の高いマーケティング戦略とは?

トシです、

今回はJrコピーライターA級レベル
第7話の内容をシェアします。

動画はこちら

今回のテーマは

『14年マーケティング』

です。

これまで14年間という期間、
マーケティングを行ってきた中で
経験したことや感じたことを学ぶました。

今回もQ&A形式で授業が進んでいったので
気になる部分をピックアップし紹介します。

Q:戦う前に勝つ、長期的に勝つ
というマインドセットを
具体的に
マーケティング戦略に落とし込んだ場合、

どのようなアプローチになりますか?


A:とにかく与える

マーケティング 与える
引用元:https://feely.jp/80303/2/

マーケティングの世界では、
与える人間はボスとなり
立ち位置が高くなる。

とにかく相手に与えることを意識する。

7割与えて3割受け取るぐらいの
バランスで考えていく。

短期的には損だと感じるが
長期的に考えると得している。

Q:誰も思いつかないアイデアは
どうやって出しているのですか?

A:ジャンルを問わず
大量の本を読んでいる

ジャンルに関係なく
大量の本を読むことで
アイデアが思い浮かんでいる。

パラパラとめくるだけでも
脳は記憶しているので効果がある。

読書は一文字ずつ読むのではなく
大事な部分を探し速読で読んでいる

Q:アフリカの人に靴を売ろうとしたら、
靴を履いてなかった場合、どうしますか?

A:まずは相手の欲しいものを提供する

セールスの世界でよくある例え話で、
市場がまだ無い状態で一方は諦め、
もう一方はチャンスと思い売り込む。

というのがあるが、
まずは相手の欲しいものを提供していく。

その後、自分が売りたい商品を売る。

Q:初心者が陥りやすい
マーケティングの落とし穴とは?

落とし穴 マーケティング
引用元:http://www.sg1.cloud/avoiding-micro-segmentation-pitfalls-phased-approach-implementation/

A:コンタクト回数が
圧倒的に不足している

人は接触回数が
多ければ多いほど
その人を信用する。

メールや動画、PDFなどで
とにかくコンタクト回数を増やす。

初心者はコンタクトの回数は
非常に少ない傾向にある。

理想は一日2本の
メールを10年続けること。

規模によって社長がコンタクトを
続けることは難しい場合もあるので、

社長の意思を理解している
社員にコンタクトを
任せていくことも大切。

Q:これまでに一番効果の高かった
マーケティング戦略は何ですか?

A:サンプル作戦

何かのサンプルを無料で
配布するというやり方は
最も反応率が高かった。

まずは与えることが大切。

このようなビジネスに関する
実体験をもとに培われたノウハウを
学ぶことができるのが
JrコピーライターA級レベルです。

10億円ビジネスモデルを構築する
『ある』意外な市場とは!?

気になる答えはコチラ

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

成功者からの教え,

Author:




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー