イチロー選手が小学生の頃に書いた衝撃の卒業作文の内容とは!?

尊敬する人物

イチロー選手が小学生の頃に書いた衝撃の卒業作文の内容とは!?

トシです、

今回は尊敬する人物を紹介します。

動画はこちら

今回紹介する人物は、

『イチロー』

です。

イチロー
引用元:http://number.bunshun.jp/articles/-/827835

プロ野球選手として
今もなお現役で活動している
スーパープレイヤーです。

「野球選手の考え方を知っても
社会人には何の役にも立たないでしょ!」

と思うかもしれませんが、

イチロー選手の考え方というのは
物事の本質を捉えていると感じ
どんな分野においても応用の効く
素晴らしい考え方だと感じます。

イチローの考え方を学ぶと
あなたが現在悩んでいる問題の
解決策の糸口を掴むきっかけとなりえますし

こんな素晴らしい考え方を持った人物は
あまりいないので、積極的に学ぶことで
同僚や友人などから尊敬の眼差しを向けられます。

上司からも

「あいつはスゴイ」

と思ってもらうことができます。

同僚の中で誰よりも早く出世し、
信じられないほどの月給を手にし
出世コースを歩むこともできます。

それだけイチローの言葉には
成功に必要な本質的な要素が
詰め込まれているのです。

イチロー選手は日本が誇る
世界的な名プレーヤーです。

小学生の頃から野球選手になることを夢見て
近所のバッティングセンターに通いつめ
誰よりも練習を行ってきました。

よく天才と呼ばれる人物は
何も努力すること無く功績を
出していると思われがちですが
それは誤解です。

彼らは人一倍努力していますし
それが当たり前のことだと認識しているので
わざわざ人に言わないだけです。

真っ直ぐ目標に対して
ひたむきに努力する。

どこかで聞いたことのある言葉ですが
これを愚直に継続して行った人物こそが
世界的に有名な人物となっているのです。

イチローが小学6年生の頃に書いた
卒業作文にはこう書かれています。

ーーー卒業作文ーーー

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。
活躍できるようになるには、練習が必要です。
ぼくは、その練習にはじしんがあります。
ぼくは3才の時から練習を始めています。
3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。
そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。
そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。
そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。
ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。
去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。
そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ-1投手とかくしんできるほどです。
打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ-ムランを3本打ちました。
そして、全体を通して打りつは5割8分3りんでした。
このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。
そして、ぼくたちは1年間まけ知らずで野球ができました。
だから、このちょうしで、これからもがんばります。

そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。
とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

鈴木一朗

ーーー卒業作文ーーー

イチロー 卒業作文

引用元:https://www.hp-nagoya.com/blog/archives/3370

この文章を小学生の頃に書いてから
本当にイチローはひたむきに努力し続けました。

イチロー選手を見ていて感じるのは

『継続力の偉大さ』

です。

何かの分野に精通するためには
5年、10年とひたすら
継続するしかありません。

多くの人は数ヶ月や1年程度で諦め
立ち去ってしまいます。

我慢強くひたむきに努力することは
誰であっても行えることです。

それでも実際にやれる人間は
ほんの一握りです。

だからこそ成功者は1%しかいない
という統計データがあるのでしょう。

あなたが現在何かの分野で
頑張っていきたいと
思っているのであれば

短期的に結果を求める考えを改め
5年、10年と継続する
覚悟を持つ必要があります。

僕自身、これまでの人生の中で
サッカーを継続して取り組んできました。

その中でリフティングと呼ばれる
ボールを地面で落とさずに
何回蹴ることができるのか

という練習方法があるのですが
それにハマり休みの日は
リフティングばかり行っていました。

その結果、

誰よりもリフティングができるようになり
結果的にボールの扱い方が上手くなりました。

どんな分野であっても
継続することは大切なことだと
イチロー選手の発言や行動から
学ぶことができます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

尊敬する人物,

Author:




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー