良質な睡眠を邪魔する3つの要因と2つの改善法とは!?

アトピー治療全般 健康法

良質な睡眠を邪魔する3つの要因と2つの改善法とは!?

トシです、

高級ベッドが欲しいです…

動画はこちら

毎日、夜中に目が覚めることなく
鳥のさえずりと共に朝を迎えるような
完全な熟睡をしたいです。

フカフカのベッドに包まれ
肌触りの良い高級コットン素材の
掛け布団にくるまり
リラックスした状態で体を休めたいです。
熟睡
人は人生の3分の1の時間を
睡眠に充てていると言われています。

一日24時間あるうちの
8時間(1日の3分の1)を
睡眠に使うことを考えると

理屈上は人生の3分の1は
寝ていることとなります。

人は眠っている間に傷の回復や
体のケア、記憶の定着など
非常に多くの活動を行っています。

車を走らせるために
ガソリンを必要とするように
人間が生きるためには
睡眠は必ず必要です。

ところが、現代人の睡眠の質は
昔と比べるとかなり悪くなっており
寝れないことに悩んでいる方も多いです。

睡眠の障害となっている要因としては
以下のことが考えられます。

・人工照明
・ストレス
・生活習慣

スマホのブルーライトや
24時間営業のコンビニの光など

脳が昼間だと錯覚するほどの
明るい光を夜に浴びてしまい
体内時計が狂っている場合が多いです。

人間の体内時計は
25時間に設定されていて、

日光を浴びることで
24時間に修正できます。

逆に言えば、デスクワークなどで
太陽光をあまり浴びないような生活だと
体内時計が徐々にズレていき
夜に眠れない生活が訪れます。

また、ストレスも睡眠障害の一つです。

現代社会はストレス社会と言われるぐらい
人間関係や仕事面で負担が大きいです。

特に日本というのは独特の文化があり
仕事時間が終わったとしても
先に帰ることはいけないことだという
暗黙のルールが存在します。

残業が当たり前のような状況なのです。

そんな生活をしていれば
目の下には真っ黒なクマができ

アバラが浮き出ているような
ガリガリの不健康な体へと
成り果ててしまうのは時間の問題です。
睡眠障害
実際、仕事上のトラブルが原因で
自宅で首吊り自殺をする方や
屋上から飛び降り自殺する方、
電車や車に自ら飛び込む方が後を絶ちません。

はっきり言って異常な状況です。

また、生活習慣も大きく
睡眠に悪影響を及ぼしています。

特に運動不足は深刻な問題です。

人は適切な運動をすることで

良質な睡眠をとることが出来ます。

昔は特別意識していなくても
車や電車が無かったので
必然的に歩いて移動を行っていました。

そのため運動をするような環境だったので
運動不足の人は将軍ぐらいでした。

現代社会は車や電車の発達で
確かに便利になりましたが

その分、自分の健康を意識的に
コントロールすることが必要とされています。

運動不足は睡眠だけでなく
多くの現代病を発症させる要因なので
意識的に運動をするようにしましょう。

運動と言ってもジムでダンベルを
フンフンと鼻息荒く
上下させる必要はありません。

歩く機会を増やすだけでも
相当変化が感じられます。

エスカレーターではなく階段にしたり
近所の移動であれば歩くようにするなど
意識的に歩くように心がけましょう。

良質な睡眠を行うためには
寝室の環境も非常に大切です。

照明や温度、明るさ、匂いなど
細かい部分を考えるときりがありません。

その中でも特に意識するべきことは
明るさとベッドの質です。

人間は睡眠中、メラトニンという
睡眠ホルモンを分泌します。

このホルモンのおかげで
私達は気持ちよく眠ることができます。

ただ、メラトニンを出すには
いくつか条件があるとされています。

1つは昼間に太陽光を浴びることです。
昼間に太陽光を少しでも浴びると
体内にセロトニンという物質が生成されます。

このセロトニンが夜になると
メラトニンに変化します。

なので、昼間に太陽光を浴びることは
良質な睡眠をとる為に欠かせないのです。

2つ目に寝室の明かりです。
メラトニンというのは人工的な光があると
上手く分泌されないことが分かっています。
月の光のような自然光であれば
何も問題はありませんが人工的な光は
メラトニン分泌の妨げになります。

隣の家や向かいの家から入ってくる光や
スマホやパソコンの光、充電器の光など
なるべく人工的な明かりは消しましょう。

オススメの方法としては
遮光カーテンを購入することです。

寝室を完全に真っ暗闇にすれば
睡眠の質はかなり改善するでしょう。

また、ベッドもなるべく質の良い物を
使うようにすると疲れが翌日に残りません。
個人的に現状、
ベッドの質が良くないので
将来的には高級ベッドが
欲しいと思っています。

注目しているベッドのメーカーは
Simmons(シモンズ)です。

シモンズのベッドは世界的に有名ですし
トーマスエジソンやG.マルコー二、
ヘンリーフォード、マリリンモンローが
好んで愛用していたとされています。

睡眠の質を上げることは
人生の質を上げることに直結しているので
なるべく睡眠に関してはお金を惜しまずに
使っていきたいです。

個人的なエピソードとして
僕がまだ引っ越しのバイトをしている時に
同じくバイトで働いていたやたら元気な
60代のおじさんがいました。

その方は若者以上に動き
テキパキ働いていて

どこからそのエネルギーが湧き出るのか
疑問に感じたことを今でもよく覚えています。

ある日、そのおじさんに質問をしました。

「●●さんは、どうしていつも
そんなに元気なのですか?」

すると、

「フランス製のベッドで
熟睡しているからだよ」

と答えました。

値段にして100万円くらいの
高級なベッドが自宅にあるそうで

毎晩、そのベッドで包み込まれて
熟睡しているのだそうです。

なので、どんなベッドを使うのかで
日々の仕事量や集中力はかなり
劇的な変化が起こると期待できます。

年齢を重ねていくに連れて
こういった部分で差が生まれるので
良質なベッドは非常に大切な
アイテムだと言えます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー治療全般, 健康法,

Author:




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー