心理機能タイプ別の健康ルーティーンとは!?

健康法 成功者からの教え

心理機能タイプ別の健康ルーティーンとは!?

トシです、

JrコピーライターA級レベル
第13話が公開されました…

今回は、健康法についてです。

JrコピーライターA級レベルでは
世界規模のビジネスを展開する
というコンセプトの教材なので

「なんで健康法?」

と思うかもしれませんが、

健康は全ての土台なので
ここがしっかりしていないと
良い仕事をすることは出来ません。

例えば、スティーブ・ジョブズは
55歳という年齢で亡くなりました。

もし、今でも生きていたら
更に世の中に貢献できていたと感じます。

今回もQ&A形式で授業が進行されたので
気になった質問をいくつかピックアップし
こちらで紹介していきます。

Q:これまでの健康法以外にオススメの健康法は何ですか?
A:週に一度の断食

1日の断食だけで8割の効果が期待できる。
何日もやらず1日だけ固形物無しで過ごすこと。
内蔵にとってかなり良い。

Q:心理機能別の健康法はありますか?
A:ある。それぞれの心理機能によって意識する点が異なる。

内向的な人は内側にこもりすぎるので
外側に発散することでバランスが取れる。

外的な人はもう少し内側に意識を向けると
バランスの取れた人生を歩める。

Q:安全で効果がある瞑想法はありますか?
A:矛盾する2つのコンセプトを混ぜるのが瞑想のイメージ。

目を閉じてただボーっとすることが瞑想ではない。
2つの矛盾する事柄をあぁでもないこうでもないと
考えることが瞑想のイメージ。

まとめ

人は必ず死ぬ。

だからこそどういう風に生きるのかが大事。

肉体は神様から貸してもらっているものであり、
自分の使命や役割を果たすための道具。

なので、ちゃんと磨いて人生を生きること。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

健康法, 成功者からの教え,

Author:




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー