21世紀の『神』となったGoogleの企業戦略とは!?

書籍レビュー

21世紀の『神』となったGoogleの企業戦略とは!?

トシです、

Google検索を使っていますか?
ググる
「ググれカス!」「Google先生」など
昔なかった言葉を今はみな知っています。

21世紀を代表する4つの企業の
頭文字を合わせた造語に

『GAFA(ガーファ)』

という言葉があります。

・Google
・Apple
・Facebook
・Amazon

の4企業です。

この4企業はそれぞれの武器を活かし
世界規模の会社に成長しました。

その中でGoogleという企業は
『神』と崇められています。

なぜなら、ベストな答えを
瞬時に提供してくれるからです。

Googleの検索窓に
知りたいことを打ち込めば
数秒で答えを知ることができます。

人間の本能には、

『最適な答えを教えてくれる
人物を尊敬し崇める』

という性質が備わっています。

例えば、

農村民族の頃の日本人であれば
数週間の天候の乱れで米が育たず
食糧難になってしまっった時、

「このままではガリガリになって
餓死してしまう…どうしよう。。」

という不安で心が満たされている時に
卑弥呼に占ってもらい解決策を授かると
非常に安心感を覚えていたと思います。
(あくまで予想ですが)

宗教も同じ理屈です。

「自分は人生で何をすれば良いのか?」

という人生に対する答えやビジョンを
知りたいけど分からない。。。

という時に、

答えを教えてくれる人(教祖さま)に
従うことで安心感を得ています。

『答えを教えてくれる人=神』

という図式は誰もが脳内に持っています。

子供が熱を出してしまったり
謎の湿疹が発生した時に、

母親はどういう病気なのか
どう対処すればいいのか
知る必要があります。

答えが分からないと大切な子供が
死んでしまうかもしれないからです。

Google検索ページで文字を打ち込めば
知りたい答えを瞬時に知れます。

こういった理由からGoogleは
『神』という称号を獲得しています。

さらに企業から見てもGoogleは
神という立ち位置をキープしています。

企業のサイトや個人のブログなどが
Googleに評価されれば
検索順位が上がります。

そうなればより多くの人がサイトに訪れ
商品を買ってもらう確率が上がります。

逆にGoogleに嫌われてしまえば
検索結果は2ページ以降となり
二度と這い上がれないところまで
突き落とされていきます。

企業はGoogleに嫌われないように
Googleが好むサイト構成を学び
それに沿ってブログや
サイトを作成しています。

一般の方にとっても企業の方にとっても
Googleは必要不可欠な存在なのです。

2016年2月に公開された
メディア企業の総額では、
Googleは『5,320億ドル』でした。

この金額はかなり異常な数字です。

ディズニー:1,596億ドル
コムキャスト:1,418億ドル
20世紀フォックス:530億ドル
タイム・ワーナー:525億ドル
WPP:268億ドル

を合わせてもGoogle1社の方が
時価総額が遥かに高いのです。

Googleはあなたが日々検索した情報を
独自のアルゴリズムで分析していき
より最適な検索結果が出せるように
日々進化しています。

さらに、Googleは検索だけでなく
GoogleマップやGoogleアースを開発し
地理的な分野に関しても最適な答えを
瞬時に提供できるようになりました。

人がGoogleで検索をすればするほど
Googleは賢くなっていき最適な答えを
出せるようになっていきます。

1つの会社が10年後に生存している確率は
たったの6%と言われている中で、

Googleはまだまだ市場を
独占する可能性が高いと言えます。

Googleの未来:

追伸:

完璧なGoogleにも弱点はあります。

その弱点を補わないと瞬く間に
倒産する確率も否定できません。

意外な弱点:

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

書籍レビュー,

Author:




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー