【遂に解明!】海外に行くとアトピーが治る1つの理由 Part7

アトピー海外体験記
トシです、

 

前回までのお話はこちら
301 Moved Permanently

 


アトピーの強い痒みの原因が
『アミロペクチン』であることを
遂に突き止めることができました。

 

その他にも僕の場合、チーズやバターなど
乳製品も痒みの原因のようです。

 

さて、アミロペクチンは
米をモチモチさせるデンプンです。

 

日本の米はアミロペクチンが多く
日常生活の中では、どうしても
口にする機会が多くなってしまいます。

 

逆に海外ではアミロペクチンが少ない
インディカ米が主流となっているので
強い痒みは起こりにくいです。

 

そのため、、、

 

帰国するとアトピーが再発し
海外に行くとアトピーが治るという
不思議な現象が起こっていたのです。

 

では、どうすれば日本に居ながらでも
海外と同じように痒みが無いまま
生活することができるのか?

 

そこで思いついたのが
米の品種を変えることです。

 

現在の日本米の主流はコシヒカリから
派生したものが非常に多いです。

 

コシヒカリの特徴は
モチモチとした食感なので

 

そこから派生した米は全て
アミロペクチンの含有量が多く
痒みの原因となってしまいます。

 

では、コシヒカリから派生していない米は
何か無いのかと探しました。

 

すると、

 

ササニシキと呼ばれる米を発見しました。
ササニシキ アトピー
ササニシキはコシヒカリが流通する前は
日本人のほとんどが食べていた主役の米で
昔ながらの日本の米です。

 

特徴としてはモチモチ感が少なく
アミロペクチンの量もコシヒカリと比べ
少ないということが分かりました。

 

また、アトピーの方が日頃食べる米を
ササニシキに変更してみたところ、

 

子供から大人まで幅広い年齢層で
効果を発揮したというデータもありました。
僕は、

 

「これだ!」

 

と思いました。

 

これまで長年苦しんできたアトピーが
この米に変えれば治せるかもしれない!

 

そう思うと心がワクワクし鼻息が荒くなり

おもわず体にググッと力が入っていました。

 

早速、Amazonでササニシキを探し

5kgのササニシキを注文しました。

 

これでアトピーが治る!

 

心からそう思っていましたが、
思わぬ落とし穴が待っていました…

 

続く…

コメント

タイトルとURLをコピーしました