クロストリジウム菌に隠された『ある』特殊機能とは!?

アトピー治療全般
トシです、
 
腸内細菌にエサを与えましょう。
アトピー 腸内菌 エサ
前回までのお話しで
アレルギー症状を抑えるには、

 

制御性T細胞(Tレグ)と呼ばれる
免疫細胞をコントロールする
大切な存在がカギだとお伝えしました。

 

では、どうすればTレグを増やせるのか?

 

その答えは

 

『クロストリジウム菌』

が、握っています。

 

人間の体内には100兆個もの
菌が生息しています。

 

その中には健康に良い影響を与える菌と
悪影響を及ぼす菌が存在します。

 

人間社会でも善良な市民が居れば
犯罪を犯す悪人がいるように
体内には常に良い菌と悪い菌がいます。
 
悪い菌が増え過ぎれば
スラム街のように劣悪な環境となり、
人間の体は免疫力が激減してしまいます。

 

その結果、、、

 

アトピーだけでなく、ガンや脳卒中など
生命に関わる病気にも襲われます。

 

そうならないためにも
体内の良い菌を増やすことが
健康をキープするために必須です。

 

先程お伝えしたクロストリジウム菌は
腸内に生息している細菌の1種です。

 

実はアレルギー系の病気を抱えている人の
腸内を検査すると、共通していたのが
クロストリジウム菌の数が不足している。

 

ということでした。

 

「なぜ、クロストリジウム菌が少ないと
アレルギーになりやすいのですか?」

 

と言うと、

 

クロストリジウム菌が行っている
独自の働きが関係しているのです。

 

クロストリジウム菌には
『酪酸』と呼ばれる物質を
放出する機能があるのですが、

 

実はこの酪酸にはT細胞に
「落ち着いて!」という司令を
伝える働きがあるのです。

 

司令を受けたT細胞は
即座にTレグ細胞へと変身して
免疫を暴走を食い止めるように
働くことが判明しています。

 

つまり、

 

クロストリジウム菌から出た司令を
T細胞が受け取ることでTレグが増え
免疫の暴走行為を防ぐ事が可能なのです。

 

ここまでのお話しで
免疫を正常に機能させるには
Tレグ細胞を増やすことが大切。

 

どうすればTレグ細胞を
増やすことが出来るのかというと
クロストリジウム菌を増やせば良い。

 

というところまでお伝えしました。

 

かなり専門的でマニアックな部分なので
良く分からないと感じるかもしれません。

 

安心してほしいことは
それでも問題無いということです。

 

記事を読む方の中には
こういった科学的なデータや

根拠を知ってから出ないと

行動に移せないタイプもいるので、
詳しく解説しているに過ぎません。

 

詳細が分からなくても後日お伝えする
日常生活に取り組んでもらいたい
アクションプランを実践すれば
それで問題ありません。

 

今回は長くなってしまったので
また次の機会にクロストリジウム菌を

増やす方法をお伝えしていきます。

細胞に関しては
こちらのマンガを読むと
かなり勉強になります。

楽に細胞学を学ぶ:
https://amzn.to/2IDPfzq

質問はこちらまで(匿名):
https://peing.net/ja/648b62673debf9?event=0

コメント

タイトルとURLをコピーしました