アトピーを克服する為の腸内細菌を増やす『ある』食事法を公開!

トシです、

 

腸内細菌は餓死寸前です。
アトピー 腸内細菌
アトピーに限らずにアレルギー症状を
根本から改善させるためには、
腸内細菌を増やす事が欠かせません。

 

特にクロストリジウム菌と呼ばれている
腸内細菌は白血球の暴走を制御する
Tレグ細胞を生産する役割を持っているので
真っ先に増やしていく必要があります。

 

ここまで理解すると誰もが感じるのが

 

「どうすれば腸内細菌を増やせるの?」

 

という疑問です。

 

腸内細菌を増やす方法は2つ存在します。

 

1つは、

『腸内細菌にエサを与えることで

数を増やしていく』

という方法です。

 

腸内細菌には善玉菌という健康を保つ
大切な菌と悪玉菌と呼ばれている
不健康へ導く菌がいます。

 

善玉菌と悪玉菌は9:1のバランスが良く
このバランスが乱れてしまうことで
健康を害してしまいます。

 

このバランスを保つためには
しっかりと腸内細菌にエサを与え
数を減らさないようにしましょう。

 

菌達はあなたが普段食べている物を
エサとして受け取ることで
増殖することができます。

 

逆に言えば、あなたが普段から
しっかりと食べ物を食べていないと
腸内細菌は育たたないのです。

 

「私は毎日3食しっかりと
食べているので大丈夫です!」

 

と思うかもしれませんが
大切なのは食事内容です。

 

現代人で食事を満足を食べていない
というケースは珍しいので大抵の方は
3食モリモリとご飯を食べています。

 

ところが、現代人の腸内細菌は
昔と比べて数が減っているのです。

 

なぜ、以前よりも裕福になったのに
腸内細菌が減ってしまっているのか?

 

それは、食事内容に問題があるからです。

 

実は腸内細菌の善玉菌を増やすには
『食物繊維』を摂る必要があります。

 

逆に悪玉菌は動物性タンパク質や
糖類などをエサとして増えていきます。

 

現代人の食生活を観察してみると
肉、卵、砂糖、小麦、油など、

 

悪玉菌が好むような食べ物ばかりで
善玉菌が好む食物繊維が摂れていません。

 

その結果、、、

 

現代人は昔と比べると
胃袋は満たされているかもしれませんが

善玉菌は餓死寸前の状態なのです。

確かに動物性タンパク質は強靭な筋肉や
肌を作る元になる栄養素を含んでいるので
食べること自体は大いに賛成です。

 

ただ、同時に食物繊維も摂取しないと
腸内細菌のバランスは崩れてしまい
結果的にアトピーは完治しません。

 

食物繊維をしっかりと摂ることで
善玉菌であるクロストリジウム菌が
徐々に増加させることができ、
Tレグ細胞を増やすことに繋がります。

 

Tレグ細胞が増えることによって
過剰に反応していたT細胞達を制御し
アレルギー症状を緩和できます。

 

アトピーの痒みの原因は人によって
かなり異なる場合が多いので
特定することは非常に難しいです。

 

ただ、元となる体の機能を強化すれば
今まで知らず知らずの内に反応していた
アレルギー症状を克服することができ
結果的にアトピーを改善できます。

 

腸内細菌を増やす方法は
その他にも存在しますが、

その方法については
次回で詳しくお伝えします。

 

質問はこちらまで(匿名):
https://peing.net/ja/648b62673debf9?event=0

コメント

タイトルとURLをコピーしました