3つのアクションで腸内を改善させ乾燥肌が劇的に改善した件

3つのアクションで腸内を改善させ乾燥肌が劇的に改善した件

トシです、

乾燥肌が嘘のように改善しました。

アトピー持ちに多い乾燥肌。

僕も典型的な乾燥肌で寝起きの状態では
外に出られないほどカサカサでした。

ただ、

今回紹介する方法を実践したところ、
1週間ほどでカサカサの状態から脱却し

冬の時期にも関わらず保湿剤を
ほぼ使わない状態にまでなれました。

乾燥肌でお悩みの方に
是非とも実践してほしい内容なので、
最後まで慎重に読み進めて下さい。

★この記事で知れること

✅乾燥肌を速攻で改善させるための3つのアクションを公開!
✅分子栄養学と腸内改善どちらが重要なのか?
✅腸内を強制的に善玉菌優勢に変えるシロップとは!?

スポンサーリンク

何十年も保湿クリーム依存症だった

これまでの人生を振り返ると圧倒的に
保湿剤を塗ってきたと感じます

ステロイドは副作用の情報もあったので
なるべく使わないようにしてきましたが

保湿剤は安全だと思い、
毎日のように塗ってきました。

薬を使わないようにしていた分、
保湿剤を炎症している部分にも
大量に使用していました。

いつしか保湿剤なしでは落ち着かず、
トイレに行った際には
必ず乾燥度合いをチェックして、
保湿していました。

そんな状況だったので、
もっと良い商品があるのではないか?

と思い保湿クリームを
買いあさることも多かったです。

中には高額な物もあったので、
今考えると毎月、保湿剤への支出は
それなりにあったのだと思います。

今はというとほとんど
乾燥が気にならなくなりました。

さすがに保湿剤ゼロで平気!

というところまでは
到達していませんが、

ワセリンを指先にほんの少し付けて、
それを全身に伸ばすだけで平気です。

朝に保湿すれば
昼間に付け足すこともなく
一日を過ごせます。

これまでの人生の中で
これほど保湿をしない生活は
初めてと言ってもいいほどで、
本当に驚いています。

では、具体的に僕が
何を実践したのかをお伝えします。

徹底的に腸内環境を整えた

僕のブログやYouTubeでは、
分子栄養学と腸内改善を
メインにお伝えしています。

どちらも大切な考え方だと思いますが、
乾燥肌を直ぐに改善させたいのであれば
腸内環境を整えることが
得策かと考えています。

なぜなら、

僕自身が腸内改善を行ってから、
劇的に乾燥肌が改善したからです。

もちろん個人差はあるので、
乾燥肌の改善に分子栄養学が
合っている人もいます。

どちらか片一方を行うのではなく、
両方行うことによって高い確率で
乾燥肌を改善させることに成功します。

期間として1ヶ月もあれば、
誰もが効果を実感すると考えています。

この記事を読んでいるということは、
あなたは乾燥肌に悩み
解決したいと思いがあるのでしょう。

そんな人にこそ、
これからお伝えする方法を
実践してもらいたいです。

乾燥肌を劇的に改善させた3つのアクション

それでは早速、
僕が行った方法を紹介します。

あなたにやってもらいことは、
合計3つあります。

1つ目は食物繊維の摂取
2つ目はオリゴ糖の摂取
3つ目は腸内菌の摂取

です。

僕はこの他にも
実践していることがありますが、

効果が大きい部分でいうと、
この3つかなと感じています。

一つずつ解説していきます。

✅食物繊維の摂取

まず取り組んでもらいたいことは、
食物繊維を意識的に摂ることです。

食物繊維は栄養にならないため
一昔前まで注目されていませんでした。

ところが、

アレルギー症状を
訴える患者が急増し始めると、
科学者はその重要性に気が付き、
いくつもの論文を発表しました。

その内容を簡潔にまとめると、

『食物繊維は腸内菌のエサになる』

ということです。

体への栄養にはなりませんが、
腸内菌にとっては喉から手が出るほど
欲しい物なのです。

腸内細菌は食物繊維を食べることで、
元気になり、仲間を増やしていきます。

また、

食物繊維は腸内の老廃物を
外に出そうと働きかけてくれます。

例えば、

肉類は貴重なタンパク源になるので
体の健康維持にうってつけです。

しかし、腸内で腐りやすい性質があり、
早く外に出してあげないと
腐ってしまい毒素を発生させます。

そうした毒素は腸から血液へ
送られていき全身に運ばれます。

こうした状況を避けるためにも、
食物繊維で腸内を掃除して
キレイにしましょう。

ちなみに食物繊維には
水溶性と不溶性に分かれており、

水溶性は腸内菌のエサとなり、
不溶性は便のカサを増してくれるので、
早く外に出しやすくしてくれます。

水溶性と不溶性のどちらも摂ることがポイントです。

しかし、

日頃から食物繊維を摂ろうとしても、
身の回りの食べ物は
炭水化物ばかりですし、
野菜を摂ろうにも限度があります。

そこで僕が実践した方法は
サイリウムの摂取です。

サイリウムというのは
植物の一種なのですが、

これをパウダー状にした物が
売られています。

サイリウムの凄いところは、
水溶性と不溶性の両方を含んでおり、
水を与えると何十倍も膨らむことです。

つまり、水に溶かして
サイリウムを飲めば、

体内で膨らんでくれるので、
腸内菌に沢山のエサを与えつつ、
便のカサも増すので、
毎日快便になるという理屈です。

一つ注意点としては、
水を吸収するので、
体が水分不足になりやすい点です。

意識的に水を飲むことをお忘れなく。

僕が最近使っている
サイリウムはこちらのタイプです。

サイリウム:
https://amzn.to/35kzUhv

朝と夜に付属のスプーンで
2杯ほど水に混ぜて飲んでいます。

快便アイテム:
https://amzn.to/35kzUhv

✅オリゴ糖の摂取

オリゴ糖は腸を強制的に
善玉菌優勢にさせるアイテムです。

しかも、胃で消化されることなく
腸まで送られる性質を持ち、

蠕動運動を促してくれるため
便を出しやすくしてくれます。

あまりにも強力な効果があるので、
摂りすぎると下痢になります。

オススメのオリゴ糖:
https://amzn.to/2RTshuH

個人差はあるかとは思いますが、
1回に摂る量の目安は
スプーン3杯ほどにしておけば
問題ないかと思われます。

というのも、

僕がオリゴ糖を試す際に
初めはドバドバと好きなだけ
使ってみたところ、

速攻で下痢&腹痛になり、
そこからスプーン3杯ほどにしたら、
下痢にはならなかったからです。

甘いシロップ:
https://amzn.to/2RTshuH

✅腸内菌の摂取

3つ目は腸内菌を取り入れる方法です。

これまでお伝えした
サイリウムとオリゴ糖は、
いま体内にいる善玉菌を
増やす作業でした。

3つ目の腸内菌の摂取は、
外からダイレクトに菌を
送り込むやり方です。

取り入れる菌は酪酸菌です。

酪酸菌が分泌する酪酸という成分は、
アレルギーを鎮める働きがあると
科学的に判明しています。

この酪酸菌を増やすために、
直接サプリで取り入れていきます。

ただ市販品の中には
正直クオリティーが悪く、
腸に生きたまま菌が届かなったり、

サプリに含まれている菌の量が
少なすぎたりします。

国内の商品が基準を満たしているのは、
ビオスリーHi錠だけかなと感じます。

ビオスリーHi錠:
https://amzn.to/2PlWiBy

この商品に関しては十分な
エビデンスもありますし、

酪酸菌だけでなく、乳酸菌、糖化菌も
豊富に含まれています。

どれも腸内改善に
貢献してくれる菌たちです。

3種類の腸内菌:
https://amzn.to/2PlWiBy

まとめ

・乾燥肌の改善には腸内改善が最も即効性が高い

・腸内改善にはサイリウム、オリゴ糖、ビオスリーHi錠の3つのアイテムが効果的

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました