ストレスでガンが成長する理由とは?NK細胞を活性化させる『感情』を公開!

ガン
ストレスでガンが成長する理由とは?NK細胞を活性化させる『感情』を公開!

トシです、

人類最大の天敵はガンです。

今回は少しテーマを変えて
ガンについて解説します。

ガンという病気は人類にとって
最大の恐怖だと言ってもいいです。

なぜなら、命が奪われるからです。

今回はガンとストレスの関係性
予防方法について解説していきます。

★この記事で知れること

✅同級生の約3分の1がガンで死亡している事実
✅ガンの根本的な原因を一挙大公開!
✅体に備わっているガンを撃退する細胞とは!?
✅ストレスを感じることでガンが成長する驚愕の理由

スポンサーリンク

日本人男性の4人に1人はガンで死亡

 

 

国立がん研究センターの情報によると
2017年にがんで死亡した人というのは
37万3334名にものぼります。

参考資料:https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

部位別で見てみると
男性の場合は、

・肺
・胃
・大腸
・肝臓
・すい臓

の順番で高く、

女性の場合では、

・大腸
・肺
・すい臓
・胃
・乳房

の順で多いとのことです。

生涯の中でがんによる死亡リスクは
男性が25%、女性が15%と出ています。

つまり、

成人男性の4人の1人、
成人女性の7人に1人は
ガンによって死亡しています。

学校の1クラスが30人ほどとすれば
4人〜8人の同級生はガンによって
死亡しているということです。

ガンの根源、活性酸素とは!?

本来、がん細胞というのは
毎日のように生まれています。

あなたも私もがん細胞が
日々、作られているのです。

その数なんと、5000個です。

それでもガンが進行する人と
そうでない人がいます。

この違いは栄養素にあります。

そもそもガン細胞が起こる根源は
活性酸素だと言われています。

活性酸素というのは漢字のとおり
活性化した酸素という意味です。

何となく健康的な響きですが
実際は非常に厄介な存在です。

活性化した酸素が体内で多くなると
細胞を攻撃してしまいがん細胞を
作り出すきっかけとなるのです。

活性酸素が生まれるタイミングは
日常生活の中で非常に多いです。

・紫外線
・X線
・放射能
・ストレス
・解毒するとき
・免疫が働くとき

などなど、

体が行う動作の中で活性酸素は
必ず発生してしまいます。

活性酸素から身を守る手段

活性酸素の被害を最小限に抑えるには
抗酸化作用の栄養素がカギとなります。

具体的には、

・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE

などが該当します。

こうした栄養素を摂ると
活性酸素からの攻撃に対して
身代わりになってくれます。

つまり、無毒化できるのです。

逆に言えば、

こうした栄養素が不足すると
活性酸素がダイレクトに細胞に攻撃し
がん細胞を進行させてしまいます。

がん細胞の天敵NK細胞とは!?

がん細胞に対抗する手段は
抗酸化物質だけではありません。

がん細胞そのものを撃退する
NK(ナチュラルキラー)細胞がいます。

引用元:はたらく細胞

彼らはがん細胞を攻撃し
増殖するのを防いでくれます。

武器として使うのは
パーフォリンと呼ばれれる
パイプのような細長いものです。

それを敵の土手っ腹にぶっ刺し
大きな穴を開けて殺します。

なかなか残酷です。

このNK細胞を作り出すためには
タンパク質はもちろん必要ですが
ビタミンA、B群なども欠かせません。

こうした面から考えても
栄養を摂ることは大切なのです。

NK細胞の天敵

しかし、がん細胞を撲滅してくれる
NK細胞にも弱点があります。

それは、ストレスです。

ストレスを感じると副腎から
コルチゾールが分泌されます。

このホルモンとNK細胞は相性が悪く
体内で出会うと結合して消滅するのです。

つまり、

ガンを倒す役目のNK細胞が
ストレスを感じている時は
居なくなってしまうのです。

また、ストレス時は
がん細胞の増殖が活性化するので
とても厄介な事態となります。

ストレスを感じるタイミング

ストレスと聞くと
精神的ものだと考えやすいです。

確かに、

・人間関係
・金銭面
・仕事面

などで精神的にストレスを
感じてしまうことも多いです。

しかし、お腹が空いている状態も
体にとってはストレスとなります。

実際、空腹時の人のほうが
NK細胞が減少していると分かっています。

NK細胞を減らしたくなければ
小さいことにクヨクヨ悩まずに
楽観的に物事を考えることを
強くオススメします。

また、笑うことによってNK細胞が
活性化するという説もあります。

笑う門には福来る。

昔から言われている言葉ですが
科学的に見て正しいかもしれません。

具体的なガン予防アプローチ

ガンを予防するアプローチ方法は

・抗酸化物質を日頃から摂る
・ストレスを減らす
・笑う

この3つです。

抗酸化物質というのは
ビタミンA、C、Eの3つのことです。

仕事のストレスを減らすためには
転職なども1つの手かもしれません。

また、落ち込んでいても
ストレスが膨らむだけなので
楽観的になったほうが良いです。

人生はいろいろなことがありますが
案外、何とかなるものです。

あなたの過去を振り返ってみても
当時はどうしようもないと
絶望していたようなことも
何とかなったはずです。

対策を何も考えないのは危険ですが
しっかりと考えた上で
やれることをやったら、
後のことは悩んでいても仕方ないです。

また、笑う回数を
増やすのもオススメです。

お笑いを見るようにしたり
仲の良い友人と話すなどして
笑顔になる回数を増やしましょう。

まとめ

・がん細胞は誰もが1日5000個作られる

・がん細胞の進行を抑えるには抗酸化作用の栄養素を摂取すること

・がん細胞を撃退するためにはNK細胞を増やすこと

・笑うことでNK細胞は力を高める

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました